WiMAXとmvnoについて

wimaxのmvnoとは何なのか

wimaxには、15社以上のmvnoがあります。

このmvnoとは、言わばインターネットにおけるプロバイダと言い換える事ができます。

自社で通信回線は持っておらず、他者の通信回線を利用してサービスを展開しています。

そんなmvnoを選ぶ際の注意点として挙げられるのが、その規模です。

基本的に、どのmvnoを選んだところで、利用するのは同じ通信回線です。

その為、通信速度や通信が可能なエリアに、大きな差はまず見られません。

しかし、できるだけ大手と契約する事をオススメします。

何故なら、サービスの質の差が現れるからです。

例えば、wimax以外のプロバイダ事業も行っているような大手の場合、通信に関する技術が高いと言えるでしょう。

ノウハウも豊富で、設備も整っていると考えられます。

こうした環境では、例え一定量を越えるアクセスが殺到したとしても、すぐに対応が行われるでしょう。

また、サービスの質の中で、サポート体制の充実も現れてくる事でしょう。

やはり、大手の場合はこれまでに培ったサポート体制があります。

その為、サポート体制の質も高いと言えるでしょう。

安心してwimaxを使う為には、こうした大手を選ぶ事をオススメします。

ちなみに、大手に分類されるのは@niftyやBIGLOBE、So-netなどです。

実際にこれらの企業は、プロバイダ事業を行っています。

また、契約した事の無い方でも、企業の名前を知っているという方がほとんどではないでしょうか?是非、wimaxを利用する際は、こうした大手企業を選ぶようにしましょう。

中でも、これからタブレット端末を購入してwimaxを利用したいと考えている方には、@niftyがオススメです。

人気のタブレット端末であるNexus7とモバイルルーターがセットで何と、1円で購入する事ができるからです。

So-netでも、タブレット端末とモバイルルーターのセットが販売されていますが、そのタブレット端末はiriver ITQ701 WOWです。

やはり知名度から言うと、@niftyが提供しているNexus7の方が有名であり、魅力的に感じる方が多いのではないでしょうか?BIGLOBEは、タブレット端末のセットは販売していませんが、twitterで呟く事により、Nexus7が抽選で当たるというキャンペーンを展開しています。

これらを比較してみると、@niftyが最もお得にタブレット端末を手に入れられるmvnoと言えるのではないでしょうか。